日本の電力会社に内定!マレーシア出身のDさんに聞く日本就職【内定者インタビュー】

今回は、Global Agentを利用して日本電力会社から内定をGETした
マレーシア出身の外国人留学生にインタビューをしました!

Q、日本に留学しようと思ったのはなぜですか?

私は高校時代に日本語と日本文化を勉強しはじめたことがきっかけで日本に興味を持つようになりました。将来日本とマレーシアの架け橋になり、多くの人に役に立つことができ、様々な分野へ貢献ができるエンジニアになりたいと思い、アジアの中でも技術力でトップレベルである日本の留学を決めました。

Q、日本語をどうやって勉強しましたか?

学校などには通っておらず、日本人の友達が日本語を教えてくれました。その友達からは日本文化なども教わりすごく理解が深まりました。また、高専の時に外国人留学生のリーダーとして、市役所のイベントにも積極的に関わりました。日本人と直接会話することで日本語が上手くなったと思います。

Q、なぜ日本で働きたいと思いましたか?

当初は日本で就職したいとは思っていませんでした。ただ大学に編入しさらに勉強をしたことで、この知識を生かして、そのまま日本で働きたい思うようになりました。母国であるマレーシアに帰国したら大学で学んだことを最大限に活用できない可能性もありますので。。。

Q,「グローバル人材紹介サービス」を利用したきっかけを教えてください。

2020年3月から就活をスタートし、約20社にエントリーをして見事約18社書類通過しました。そのうち、自分に合った3社を選んで面接に参加したのですが、就職活動の経験がなく面接でうまく答えられなかったこともあり、第一志望を含め3社とも不合格になってしまいました。当時はとても落ち込みましたね。その時、相談した友達に、自分にあった仕事を紹介してくれるという「グローバル人材紹介」を教えて貰いました。

Q,「グローバル人材紹介サービス」を利用していかがでしたか?

最初に紹介された企業は日本語能力が足りずに応募出来なかったのですが、グローバル人材紹介のキャリアアドバイザーと面談し自分にマッチする企業をすぐに紹介してもらいました。ただ単に企業の紹介をされただけではなくて、選考中にレジュメ添削や日本語の誤字脱字チェックはもちろん、面接練習、特に難しい質問の回答の仕方や面接で意識すべきことなど教えてもらいました。おかげで面接を突破できとても感謝しております。

Q,内定先の企業ではどのようなことはされる予定ですか?

得意分野をいかして電力会社の水力部門で勤務する予定です。将来的に海外事業も展開される予定です。

Q, 改めて就職活動を振り返ってみていかがでしたか?

振り返ってみると私自身とてもラッキーだったと思います。そしてマイナビさんに心の底から大変感謝しております。もともと志望していた電力会社に落ちてしまった時、もうエンジニアとして就職するのはやめようと思いました。そんな時、まさかやりたい仕事を紹介してくださって、そして内定まで導いていただき本当に感謝しております。

Q,最後にこれから就職活動をする外国人留学生の方に伝えたいことはありますか?

給料がいくらもらえるかより、しっかりと自分自身のキャリアプランを立てることが一番大事だと思います。今から大学で学んだことを将来的にどのように活用したいのかを考えてほしいです。もし何か悩みがあったときには、一人で悩まないで誰かと話してみてください。友達やバイト先の店長や研究室の先生などと話してください。頭をリフレッシュすることが大事です。外国人にとっては日本での就職活動が大変だと思いますが、「グローバル人材紹介サービス」がありますので、あまり心配しないでください!

Global Agentに登録はコチラから

外国人留学生の方は
こちらから
日本人留学生の方は
こちらから